公差設計一覧

同じ方法で加工した部品でも、その寸法や形状には微小なばらつきが発生します。組み立てにおいても、ばらつきが発生する。このばらつきを小さくするように、設計と製造の両面から取り組んでも、ばらつきがゼロになることはない。このばらつきの許容範囲(公差)を製品の仕様やコストなどを総合的に考えて、設計者が最終的に決定していく作業が公差設計です。

このカテゴリでは、公差設計の位置付けや効果、および公差の設定方法について、統計的手法を用いた例をふくめて基礎を説明します。

NO IMAGE

公差設計とは?

同じ方法で加工した部品でも、その寸法や形状には微小なばらつきが発生します。組み立てにおいても、ばらつきが発生する。このばらつきを小さくする...

NO IMAGE

公差とは?

長さ100mmで指示されている製品があったとします。実際の製品は「ぴったり100mmでできている」ということはまずなく、気温や湿度、材質、...