加工法一覧

ものづくり現場では、コンピュータが組み込まれたNC工作機械が素材を自動的に機械加工し、組み立てを行い、製品を生産することが多い。このうち、機械加工では、CAD/CAMシステムと呼ばれる高度な情報技術を活用した生産技術が用いられている。しかし、これらのNC工作機械による機械加工の基本は、旋盤やフライス盤、ボール盤などに代表される汎用工作機械であり、工作機械の仕組みや働きを正しく理解することが、CAD/CAMシステムを理解する早道です。

このカテゴリでは、基礎的なものづくりに欠かせない種々の機械加工法について説明し、CAD/CAMについても概要を書いていきます。

NO IMAGE

加工法とは?

ものづくり現場では、コンピュータが組み込まれたNC工作機械が素材を自動的に機械加工し、組み立てを行い、製品を生産することが多い。このうち、...

NO IMAGE

5軸加工とは?

直線軸XYZの3軸に2軸の回転傾斜軸を追加した機械で、より柔軟な加工方法です。回転軸を追加することにより、一回の段取りで多くの...

NO IMAGE

金型ちょ~入門

金型とは? 金型とは、製品を早く、安く、均一に作るための金属で出来た型のことをいいます。 例えば、たい焼きを作る鉄板などは金型の一種...

NO IMAGE

3Dプリンタの基礎

3Dプリンタとは? 材料を積み重ねて形をつくっていく装置のことを「3Dプリンタ」といい、積層造形装置とも呼ばれます。また、英語で、A...