3Dプリンター活用技術検定試験

3Dプリンター活用技術検定試験とは、3Dプリンターを利用するモノづくり技術者・エンジニアや学生が身につけておくべき知識を評価・認定する国内唯一の検定試験制度です。

3Dプリンターは、製造分野や建築・建設分野はもちろん、医療、食品など、さまざまな分野で活用が進んでいます。非常に安価に購入できるものからハイスペックな高価な3Dプリンターまで機種・種類も出てきています。

多くの3Dプリンターがある中で、3Dプリンターを選定し使いこなせる人材が求められてきています。 最先端のものづくりの担い手として、活躍が求められています。

3Dプリンターを使いこなすためには、造形方法や材料、後工程、CADデータの取り扱いなど、さまざまな基礎知識が求められます。

3Dプリンター活用技術検定試験は、それを証明するものです。

試験概要

検定試験名3Dプリンター活用技術検定試験
Certification of 3D Printing Skills(3DP)
資格名3Dプリンター活用技術基礎
実施組織一般社団法人コンピュータ教育振興協会
受験資格特に制限はなし
受験区分個人受験/団体受験
受験料8,800円(税込)
受験対象者3DCADエンジニア、企業の3Dプリンター導入担当者、製造設計エンジニア、製造業へ就職を希望する学生、3Dプリンターに興味のある学生ならびに社会人。
受験形態筆記試験(60問)
試験時間60分
試験会場※全国にある専用のCBT試験会場で実施
試験方法CBT方式による多肢選択および真偽方式
試験内容(分野)
※ 3Dプリンター活用技術検定試験の問題は、試験実施年度版の公式ガイドブックに準拠して出題されます。
■3Dプリンターの基礎知識
・3Dプリンターの造形材料
・3Dプリンターの造形用データ
・3Dプリンターの用途
■3Dプリンターの造形方法
・材料押出(熱溶解積層)
・液槽光重合(光造形)
・材料噴射
・結合剤噴射
・粉末床溶融結合
・シート積層
・指向性エネルギー堆積
■3Dプリンターの活用
・3Dプリンター活用の前準備
・用途別活用事例
合格基準各分野50%以上、および総合70%以上
※総合の比率は、」各分野の合計点を満点とし、換算したものです。各分野の正解率を足して分野の数で割った数値ではありません。
公式ガイドブック販売サイトへ

2021年度 試験日程

CBT方式にて、9月と2月に受験可能です。

CBT(Computer Based Testing)方式とは、コンピュータを利用して実施する試験方式のことです。受験者はコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。全て解答は選択式です。

前期後期
試験期間2021年9月1日~9月30日
※CBT会場のスケジュールを申込時に指定
2022年2月1日~2月28日
※CBT会場のスケジュールを申込時に指定
試験時間60分
※CBT会場のスケジュールを申込時に指定
60分
※CBT会場のスケジュールを申込時に指定
申込期間 2021年7月6日(火)~8月18日(水) 2021年7月6日(火)~8月18日(水)
合否発表 2021年10月下旬 2022年3月下旬

合格に向けた勉強法

とにかく、公式ガイドブックに書いていることを覚えることです。

Amazon購入ページ
https://amzn.to/3fjF9UZ

3Dプリンターの造形方式もメーカーによって呼び名が違かったりしますが、ガイドブックに書かれている呼び名で試験は出題されますので、ガイドブックに書かれていることを、きちんと理解することが合格への道です。

公式サイト

https://www.acsp.jp/3dp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加