強度設計とは?

機械設計における強度設計とは、機械を構成する各部材(部品)が壊れずに機能を発揮できるように、弱い箇所を予測し、その部分に作用する力(荷重)が限度を超えないように寸法・形状を定め、さらには用途に適した材料を選ぶことです。

力を受けた部材の内部でどのような現象が起こるのか、材料が示す力学的特性(機械的性質)はどのようなものなのかを知る材料力学がその基本です。

このカテゴリでは、力の種類、応力・ひずみの定義、許容応力と安全率などについて説明していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加